ホームビューティーオロジーセルフセンサースピリチュアルトリートメントセミナー講習会大人おんな会ブログアクセスリンク
大阪市北堀江 痩身、脱毛のジョイ・トゥ・ユー セルフセンサー 大阪市北堀江 痩身、脱毛のジョイ・トゥ・ユー

 

近代医学によってどんなに検査方法が発達しても病息が減少しないのは なぜでしょうか。
体調の不良を訴えていても検査・数値には表れないのはどうしてでしょうか。

ひとつの見方、ひとつの捉え方、ひとつの教え方に捕らわれると全体が見えなくなってしまいます。
これさえあれば、これさえすれば、大丈夫!よくなるものは何もないというのが現実。
そのためセラピストの方は、いろんな手技や技術を習い開発し、たくさんの本を読み、各分野の先生から教えや話を聞き学ばれ、数多くあるサプリメントや化粧品やアイテムに出会い探求されておられるでしょう。

人の数だけ治癒のプロセスはあります・・・
どのアプローチが目の前の人に必要なのか「そのひと本来の元から知恵を得て 理解する」ことでセラピストのどんなアプローチも効果的なものになるのです。

その人の自然な癒しのプロセスをひも解くツール、治癒を促進することを判定できる ツールとしてセルフセンサー能力を是非試してみて下さい。

「誰でもいいから癒してほしい」「お任せします」という誰か他人に任せて しまっている自分から自立をしたい方。
自分のことを深く知るツールを身につけてみてください。

 

私達には治癒という能力とともに自分らの生命の危機から身を守るための能力 セルフセンサーが備わっています。
この目に見えないセンサーの使い方をシンプルに指先で表現させる キネシオロジーテクニック です。

脳の反射を情報とするので、相手の筋肉は必要としません。
ひとりでできるキネシオロジーです。

目の前にいてない人、離れている人のことや、検査したい物など触れなくても自分に とって効果がある物とない物との区別をはかることができます。

 

健康を評価し診断する方法

1. 身体の外側で診断する方法
姿勢や体型や触診、肌の色つや・体温などであらわれるもの
2. 身体の内側で診断する方法
レントゲンや血液や尿の検査で数値にあらわれるもの
3. 目に見えないものを診断する方法
診断側の洞察力。チャクラや経絡などエネルギーであらわれるもの

たとえ検査や数値が正常であっても元気でないと思われることや 目に見て確認しようのないものにセルフセンサー能力を活用。

 

検者は被検者や自分の脳にある顕在、潜在情報を「YES」「NO」の質問形式で読み解いていきます。
「YES」「NO」」を表現させる検査筋は指ですが、ピアノを弾くような軽い指の動きの変化で判定する。

@ 検者による設定

A 検者が被検者の「脳」に質問をかける。
*言葉を発する必要はなく意識で質問をかけてもよい。

被検者の脳の反射に検者の脳を同調させる。

検査筋の反応を判定する。

 

たとえば、人はいろいろな「気・波長」を出していて、初めて会った人にはこの人はどんな人なのだろうと、別に知ろうとしなくても「元気そうな人」「陰気そうな人」「無邪気そうな人」だとか「波長が合う」と見た目だけでなく、その人が発する「雰囲気」を私たちは無意識にもキャッチして人を判断したりしています。
人と会話をしている時にも、ふっと相手の言っている言葉と違う本当の気持ちや感情をキャッチすることもあります。
目には見えない「こころ」が発するものをキャッチできるのも人間のできることなのです。
この「気・波長」を人はいつも発信して受信しています。
これを利用して、ラジオの周波数をキャッチするように自分を相手の周波数にあわせていくように。
または遠くに書いてある字を見ようとするときに視線をファーカスさせるように人を深く知っていく方法です。
機械ではできない人間の誰もがもっている能力をつかうのです。
また、ボディトリートメントやドレナージュを行うエステティシャン・セラピストの方は ただ人の身体を触れて見るだけで、健康な身体と病気になる前の身体が 発するものを雰囲気で感じとったりする人がいます。
または、手のひらがクライアントの身体の不調な部位で手がとまりビリビリして 異常をキャッチするようなセンサーが勝手に発達している人もいるでしょう。 それはセルフセンサーであり、そのセンサーをはっきりと表現できるのが セルフセンサー能力なのです。